忍者ブログ
元野良猫の「グレ」と、その子供たち「マル&ぎん」、そして「ぎんの子どもたち」の写真です コメント大歓迎! リンクもご自由にどうぞ
[71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これはちょっとまとめての「おぼえがき」です。
今回は写真無しなので、ごめんなさい。

ええと。
昨日、おととい・・・ かな、火曜日の朝のこと。
いっぺんに子どもたちが、トイレが使えるようになりました。

その2日ぐらい前から、チビギンだけはトイレで用を足していましたが、ほかの子たちは、部屋の隅にしちゃってたんですね。
ところが火曜日の朝。どういうわけかトイレ近辺に子どもらが集まってしまいまして。
隣で母猫のぎんが、じっと見守っていて。

気がつけば、トイレ(45×55のプラスチックケース)の中に、仔猫が4匹。(^^;;
それぞれ、猫砂をかきまわし、かきまわし・・・
ときどき、メンバー交代しつつ、全員が用を足すのに成功。

うーん、「トイレのしつけは〜」なんて本には書いてありましたが、しつける必要もなかったなー
しかも、出来るようになるのは同時。不思議だ・・・


***

昨日。9日のこと。
朝からぎんの体調が悪く、何度か吐き戻した上、最後は胃液に血が混じってしまいました。
まあ、見た感じ、「血を吐いた」というのじゃなく、「ノドが切れちゃった」ぐらいの感じでしたがね。

とはいえ、さすがにこれは心配。
獣医さんに電話して、連れて行くことになりました。

・・・・え。 ぎんを「つかまえる」!?

ものすごーーーく覚悟を決めたんですが、意外に簡単にゲット。
キャリーバッグ(キャリーボックス?)の入り口を開けて置いたら、興味津々で中を覗き込み足を踏み入れたので、そのまま扉を閉じちゃったのです。(笑) まあなんというか、「だましうち」かな?

結局、ブドウ糖とビタミンを補液してもらって、軽い抗生物質を注射して、戻ってきました。

しかしここで問題が。
抗生物質が効いてる間は、おっぱいを飲ませちゃいかんというのです。

本当は、ぎんをケージに入れておくべきなんですが・・・ ええ、この子を閉じ込めるなんてなみなみのことじゃありません。

というわけで、子どもたちを全部、ケージに入れてしまいました。

***

・・・そして、本日朝。24時間経過。

子どもたちは、ケージの中にいるあいだに、すっかりベビー猫用のフードに慣れてくれました。
マメミニとかシロミミとかは、以前からけっこう食べてましたけど、身体の大きいチビグレとかマメクロなんかは、おっぱいだけだったんですよねえ。
でもお腹がすけば、そんなことも言っていられず。
一気に「離乳」に向かいはじめました。

・・・ まあ、ケージから出て、まず最初にみんな、ぎんのおっぱいをもらってましたけどね。(^^;;


ぎんは食欲も取り戻して、元気いっぱいです。
まだしばらくは療法食なんですが・・ 「こんなもんじゃ足りない」と文句を言われてます。はあぁ。


所在ない父親マルは、冷蔵庫の上でお昼寝中です・・・


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
グリムス
CAT Photo Search
猫写真サイト専門の検索エンジン
CAT Photo Search


猫写真サイトを検索できます
ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 猫ブログへ
プロフィール
HN:   あるん
性別:   女性
職業:   おばさん
使用カメラ:
Canon PowerShot S1 IS
猫たちの写真を撮るためだけに(中古で)買いました。

カメラ初心者。
・・・猫も初心者です。
最新コメント
[09/12 ヤマダ課長]
[05/15 戯作]
[12/22 テンコ]
[12/16 テンコ]
[09/17 テンコ]
メールフォーム
なんでも気楽にどうぞ
メルアド・名前は未記入OKです
バーコード
携帯からも見られる・・はずなんだけど
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI